防犯優良マンション

住まいの設計・計画をする時には建築基準法の規定が構造安全・防火安全等を守ってくれますが、直接的に「防犯」を目的とした規程は今のところ含まれていません。しかし、昨今の治安の悪化もあり防犯への意識が急速に高まり、マンションを中心にしてさまざまな施策が展開されています。

全国統一の認定基準

  1. (財)ベターリビング
  2. (財)全国防犯協会連合会
  3. (社)日本防犯設備協会

1.2.3.の3つの法人が、平成18年4月1日に防犯上優れたマンションを認定する全国統一の「防犯優良マンション標準認定基準」を制定しました。各都道府県の認定機関が、この認定基準をベースにして、認定を希望するマンションを審査し、基準をクリアしたマンションに対しては、認定証が付与され、広く一般に公表されます。

防犯優良マンション標準認定基準

全国第1号の認定

平成20年8月に全国に先がけて埼玉県、神奈川県、愛知県で関係機関が3つの公益法人により「認定機関」として登録を受け、「防犯優良マンション認定事業」をスタートさせました。
設計段階での適合の全国第1号として、平成21年12月に愛知県名古屋市のマンションに適合証が交付されました。

一般財団法人ベターリビング 「防犯優良マンション」認定機関の登録について

その他日本全国の動き

全国統一の基準による認定制度をスタートさせた3つの県(埼玉・神奈川・愛知)以外にも、統一基準の制定以前から、独自の基準により、先行的に認定制度をスータトさせていた自治体があります。平成10年から取り組んでいた広島県をはじめ、東京都、兵庫県、大阪府、静岡県、千葉県、岐阜県、京都府、愛媛県、大分県、北海道などです。

安全をキーワードとした「コミュニティ」が大切!

認定を受けていないマンションが必ずしも防犯に弱いとは限りませんが、この基準を参考に住人の皆さんが防犯意識を高め、お互いに助け合って安全を確保していこうとすることによって形成される「新たなコミュニケーション」が大切です。安全をキーワードに固く結ばれた絆は、防犯という枠を超えた「住みよいマンション」への第一歩となっていくでしょう。