外壁の排気口の手入れ

住まいを長持ちさせるために 住まいの換気はとても重要です。

2003年に建築基準法が改正され、原則としてすべての建築物に機械換気設備の設置が義務付けられました。
住宅においても住宅用換気設備により24時間いつでも機械的に換気(1時間に部屋の空気の半分が入れ替わる)を行うことが義務付けられました。

換気方法

第1種換気 = 給気,排気とも機械で換気する方式

壁に給気口を設け、給気ファンをとりつけ強制給気を行い室内に空気を取り込む。
一方で一定の時間や室内の温度などにより、壁の排気口から、排気ファンによって機械的に室外へ空気を排出するシステム

第2種換気 = 給気を機械、排気を自然に行う方式

壁に給気口を設け、給気ファンによって強制給気を行い室内に空気を取り込む。
取り込んだ空気は室内を循環し、室内の気圧が高まってくると自然に「排気口」から空気が排気されるシステム

第3種換気 = 給気は自然に行い、排気を機械で行う方式

壁(すべての居室)に給気口を設け空気を自然換気で流入させる。 また、同様に壁に設置された排気口から、排気ファンによって強制的に室外に空気が排気されるシステム

各換気方式の特徴

メリット デメリット
第1種換気 ・空気の流れを制御しやすく、給気、排気を確実にコントロール可能 ・電気代などのランニングコストがかかる ・運転音が気になる場合がある
第2種換気 ・第1種換気と比較すると電気代のランニングコストは安価 ・建物の気密性が低いと、室内の湿気の外の排気が不十分になり内部結露が発生するおそれがある
第3種換気 ・第1種換気と比較すると電気代のランニングコストは安価 ・第2種換気と比較すると内部結露もしにくい ・各居室にそれぞれ給気口を設置する必要があり、設計上の制約が多くなる ・気密性の低い住宅の場合は、思わぬ隙間からの空気の流入により、暖房効率が悪くなるおそれ

ベントキャップ

“ベントキャップ”とは、外壁に設置する給気・排気の開口部に取り付ける蓋で、雨水の浸入や、虫の侵入を防ぐ機能を持っています。
一般的なベントキャップ

吹き出し方向を自由に対応できるもの

気流の影響を分散化でき、より自然な空気の流れになります。

防風板の付いたもの

風の強い場所に設置する場合には、防風板の付いたベントキャップもあります。
雨水のかかりやすい場所に設置する場合には、覆いの付いているものもあります。

薄型のもの

壁からの突起が目立たない薄形のものもあります。

水切り板の付いたもの

ダクト内部からドレンとフ-ドに付着した水滴を、水切り板により壁から離れた位置で滴下させ、壁面を汚さないように工夫されたものもあります。

結露水などを自然蒸発させるもの

最下部にドレン皿を設けて、レンジフードからの排気風に含まれる水分や油分をドレン皿で受け、これを自然蒸発させ、周囲の汚れを防ぐものもあります。

ベントキャップ設置場

あなたの住まいの設置場所を確認しましょう。軒下にある場合は雨水がかかりにくいですが、鳥の避難場所となりフンで汚れる場合があります。
壁面ばかりではなく、軒天(軒裏の天井部分)に設置されている場合もあります。

自分でできるベントキャップのお手入れ

24時間、常時換気により外壁の換気口からの換気量が格段に増え、ベントキャップの汚れも気になるようになりました。
  1. 3ヶ月に一度程度には、外側からもお手入れをしましょう。
  2. 2階などの足場が悪いところでは十分に安全を確認し、決して無理のないようにしましょう。
  3. 危ないと思う場合は、専門業者に相談してみましょう。
  4. 安全確認ができた場合

外側からのお手入れ

  1. 濡らした雑巾などで外側から表面の汚れを取ります。
  2. 素材は、アルミ・ステンレス・樹脂等があります。

    ※ステンレスは、鉄より錆びにくい素材ですが、必ず錆止めの塗装がしてあります。この塗装面に化学薬品が付くと、剥離・変色・錆発生などの原因となる場合があります。この場合には、洗剤などを使用することは控えましょう。

    ※汚れがひどい場合は、先の丸くなった古歯ブラシ等でこするのも効果的ですが、ステンレス製などで塗装をしている場合は、ブラシの先で塗装面を傷つけないように、十分注意してください。

  3. 防虫網付機種のベントキャップ

    ※ホコリ・虫等で網が早く目詰まりしやすくなりますので、3ケ月に1度程度の手入れが必要です。
    (特に、油を使用する台所の近くでは、目詰まりしやすくなります。)

    ※網が目詰まりしていると、排気不良や・モーターの負担増、異常音の発生などのおそれがあります。

  4. 昨今の製品の中には、防風板の部分が簡単にとりはずせて、内部の防虫網の手入れができる製品もあります。

防虫網が取り外せる場合には、はずして掃除機などでほこりを吸い取り、汚れのひどい場合には中性洗剤を溶かしたぬるま湯に浸して、その後にきれいな水で洗い、十分に乾燥させてから再度取り付けます。

それでも排気が戻らない場合には、ベントキャップを取り外して、中の掃除をする必要が生じます。

取り外す場合には、取り外しての手入れを奨励しているかどうかを取扱説明書で確認しましょう。

記載されていない場合には、必ず、専門家に相談しましょう

※取り外す場合は、取り付ける時のために段階に応じて写真を撮り、復元できるようにしましょう。
なお、取り付ける時にコーキング材が必要になります。ホームセンターで購入できます。

ベントキャップの取替

最近では、工夫のある様々な種類のベントキャップが販売されていますので、住まいの定期点検などの折に、住まいの応援団(あなたの住まいを守る専門家)に、ベントキャップの交換を相談してみてもよいかもしれません。

ベントキャップ自体は、数千円の価格帯のものなので、比較的気軽に交換することができます。