協会について

名称 一般財団法人 住宅金融普及協会
所在地 東京都文京区関口1-24-2 関口町ビル(〒112-0014)
設立 昭和26年5月29日
基本財産 5億円
目的

弊協会は、昭和26年の設立以来、住宅金融、住宅技術などに関連した調査研究、情報提供や建築物の検査・評価などを通じて良質な住まいづくりのお手伝いをしてまいりました。今後とも、住生活に関連する金融、税制や技術に関する様々な情報・サービスの提供、住宅事業者の方への支援などを通じて、お客さまがより良い住まいや暮らしを実現されるためのお手伝いを積極的に展開してまいります。

事業内容

住まいの情報
協会ホームページ「住まいのポータルサイト」により総合的な住宅関連情報の提供を行っています。

セミナー情報
住宅関連業界団体等と連携して、「地域ビルダー支援セミナー」を実施しています。

住宅問題調査会
金融機関、住宅関連事業者、シンクタンクなどの会員の方に、住宅関連データ・調査結果資料を定期配布しています。

住宅ローンアドバイザー養成
正確な商品知識やリスクなどをアドバイスできる「住宅ローンアドバイザー」の養成、登録者に対する継続的な情報提供を行っています。

建築物の審査
国土交通大臣指定確認検査機関・国土交通大臣指定構造計算適合性判定機関・国土交通大臣登録住宅性能評価機関として次の業務を行っています。

出版

  • 住宅を取得される方々等にお役に立つ、住宅関連書籍「住まいの管理手帳」などを頒布しています。
  • フラット35利用者等の利便に供するため、フラット35申込案内書を頒布しています。

基金管理
「すまい給付金」(国土交通省)及び「住まいの復興給付金」(復興庁)の基金の設置・管理業務を行っています。