水を大切に使うために

漏水をチェックする

水道の蛇口からポタポタとしずくがたれる程度の水漏れも、大変なむだ使いになってしまい、経済的にも地球の大切な資源の面でも大きなダメージとなります。もし、見えない箇所で漏水が起こっていたら大変です。

漏水チェックリストで確認してみましょう。1箇所でもチェックが入るようでしたら、漏水を疑う必要があります。

漏水チェックリスト

  • 水道の使用料が極端に増えている。
  • 蛇口からの水の出が悪い。
  • 水道を使っていない時に、蛇口や壁に耳を当てると水の流れる音がする。
  • 使っていない時も、水洗トイレの水が揺れている(ごくわずか流れている)。
  • 給水管が埋めてある付近や、水道メーターボックスの周りがいつもぬれている。
  • 台所や浴室などの壁が、いつもぬれている。
  • 水を流していないのに、下水溝やマンホールに水が流れている。
  • 給湯器の周りがぬれている、または水が出ている。

漏水を1か月放置した場合の料金の目安

東京都水道局は漏水を1か月放置した場合の料金の目安(下水道料金を含む)を提示しています。参考のため、確認してみましょう。

東京都水道局 漏水を1か月放置した場合の料金の目安(下水道料金を含む)

見えない箇所の漏水の確認方法

漏水のチェックリストに1箇所でもチェックが入ったら、漏水の可能性が高くなります。さらに、次のテストをしてみましょう。

  1. 元栓は開けたまま、家の中の蛇口を全部閉める。
  2. 水道メーターを点検し、パイロットマークの回転の有無を確認する。

※蛇口を閉め、水が出ない状態であるのに、パイロットマークが回転していたら、どこかで漏水しています。

漏水の修理を依頼する

お住まいの自治体へ連絡

漏水していることがわかったら、すぐにお住まいの自治体の上下水道管轄部署(上下水道部など)、もしくは指定給水装置工事事業者へ修理を依頼しましょう。

費用負担

宅地内の給水管から水が漏れているとき

宅地内の給水管は個人所有となり、水漏れの修理に関する費用は居住者の負担になります。

メーターボックスの中や道路上で水が漏れているとき

ここは自治体の所有する領域になるので、自治体の上下水道部が負担します。

応急処置をする

止水栓・元栓を閉める

修理を待つ間は、以下のような応急処置をします。
使用している器具の止水栓もしくは水道の元栓(水道のメーターボックスを開けると、メーターの近くにあります)を、右(時計回り)に回して水を止めておきましょう。
止水栓が古くなり、閉まりにくい場合は、無理に締めつけないでください。(なお、止水栓を開けるとき左にいっぱい回して、少し右にもどしておくと止水栓の故障が少なくなります)
止水栓を閉めても水が止まらなかった場合は、破裂した部分にガムテープなどを固く巻きつけ、針金かひもでしばってください。

災害時の応急処置

地震などの災害時には、水道管が損傷を起こし、家の中で急に漏水が発生することがあります。その場合も、あわてずに、まずメーターボックス内の元栓を閉めましょう。
それから自治体もしくは指定給水装置工事事業者に連絡し、水道管の修繕を依頼しますが、災害の時には、修理の依頼も多くなり、対応も遅くなります。水が必要な時には、少しずつ止水栓を開きながら水を出します。

漏水を早期に発見する

水道メーターチェック

漏水によるムダを防ぐために、メーターのパイロットマークを定期的に確認することをお勧めします。
(蛇口を閉め、水が出ない状態であるのに、パイロットマークが回転していたら、どこかで漏水しています。)

水道局の情報提供サービス

漏水、さらに水のムダ使いを防止するためには、毎月の水道料を確認することが有効です。このために、各自治体の水道局が提供している「水道料金の情報提供サービス」を活用しましょう。
東京都水道局では、インターネットによる情報提供を行っております。その他の自治体でも、こうしたサービスを実施しているところもありますので、まずは各自治体に確認してみましょう。