会長挨拶(70周年を迎えて)

弊協会は、今年で創立70周年を迎えました。
この節目の年を迎えることができましたのも、ひとえに皆さまのご支援とご愛顧の賜物と心より感謝申し上げます。

弊協会が設立した1951年は戦後の住宅復興の真っただ中でした。それから70年間にわたり、住宅金融、住宅技術に関する調査研究や情報提供、住宅ローンアドバイザー養成講座の実施、建築物の検査・評価など、住宅と金融に関連する様々な業務に取り組んでまいりました。微力ながらこうした取り組みにより、我が国の住宅金融の普及と住宅の質向上のお手伝いができたのではないかと思っております。

社会経済環境は大きく変化しています。既存ストックの活用、カーボンニュートラル達成に向けた取組、人生100年時代の住まい方、デジタル化に伴う金融の変化、コロナ禍での暮らしなど住まいと金融に求められる課題も多様なものになっています。
弊協会は気持ちも新たに、SDGsの観点も意識し、これからも住生活に関連する金融、税制や技術に関する様々な情報・サービスの提供を通じて、お客様のより良い住まいや暮らしを実現させるためお手伝いを続けてまいります。

今後とも何卒ご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

2021年 6月
一般財団法人 住宅金融普及協会
会長安齋俊彦