住まいの書籍 ● 「住まいの管理手帳」フォローアップコーナー

住まいの中の腐朽菌 

住まいの中には多くの箇所で木材が使われています。木材長持ちさせるためには、「腐らせないこと」が大切です。
このことが、住まいを長持ちさせることにもつながります。

木が腐る

「木が腐る」という現象は、菌(腐朽菌)が木材に住み着いて、木材の成分を分解することです。
腐朽菌の繁殖条件は、①水分(湿度) ②温度(適温) ③酸素 ④栄養(木材) と言われ、これらの条件があうと、たちまち木は腐ってゆきます。

繁殖しやすい場所

住まいのなかで特に、床下や屋根裏は、一年中腐朽菌が繁殖しやすい条件が整った環境にあります。

イラスト

腐朽菌

木材腐朽菌というと、とてもおそろしいイメージを持ちますが、言い換えれば、 木を媒介にして成長するキノコです。食卓でお世話になるエノキタケ、シイタケ、ブナシメジなども、学術分類上は木材腐朽菌と呼ぶ菌と同じ仲間(白色腐朽菌)です。

住まいの敵となる腐朽菌として代表的なものは2つです。
その菌によって最終的に木材が変化(腐った)色から、褐色腐朽菌と白色腐朽菌と言われています。

被害の対象となる木材等 被害の状況
褐色腐朽菌 住まいの建築材として多用されている針葉樹林を主に腐朽します。
特に、床下で多く見られます。
木材に亀裂が生じます
木材の表面を指でつまむと粉状になります。
白色腐朽菌 広葉樹を主に腐朽します。 豆粒大の穴が無数に開きます。
木材表面に繊維状のほつれが生じます

腐朽菌対策

先に記述した腐朽菌の繁殖条件の中で、酸素と温度を制御するのは困難です。
結局、水か養分を絶つことになります。
そのため、木材を乾燥した状態に保つこと、また、防腐剤による処理も有効です。

特に、床下は地面に近く、湿気も吸いやすいので最も腐りやすい部分です。

住まいの書籍

商品のご案内

出版物の補足等

カートの中を見る

「住まいの管理手帳」フォローアップコーナー

当協会のホームページでは、プライバシー保護のためにSSLによる暗号化通信を実現しています。