住まいの書籍 ● 「住まいの管理手帳」フォローアップコーナー

ライフサイクルコストを考える 〜その1 ライフサイクルコストって何?〜

住まいにはとても大きなお金がかかります。購入、建設、壊れた箇所の修繕、室内をリフレッシュするリフォーム、設備機器のリニューアル、大掃除、日常のお手入れなど・・・・・・。住まいを手にしてからずっと、私たちは貴重なお金を投資して、暮らしやすい住まいを維持し続けることになります。

少しでも安く良質な住まいを手にすることは、非常に大切なことです。しかし、住まいは手にした後もずっとお金がかかることになるのですから、手にする時(購入もしくは建設)だけでなく、その後の住まいにかける資金計画も、同じように大切なことだと認識しておかなくてはなりません。
 そこで、ライフサイクルコスト(※1)という言葉を考えてみたいと思います。

※1  ライフサイクルコストは、その英語表記の頭文字をとって、LCC(エルシーシー)とも言われます。

イラスト

ライフサイクルコストの定義

ライフサイクルコストとは、ライフサイクルを通して必要なコストのことです。つまり、あるものが生まれてから無くなるまでの、長い期間を通してかかる費用のことです。
 ある住宅のライフサイクルコストといえば、その住宅を建設もしくは購入、または賃貸住宅であれば契約して入居してから、その家に住み続ける限りの期間を通しての費用のことです。そして、その家が取り壊されて新しい家を建てることになれば、その次の住宅に対してまた費用がかかります。
 そこで、家計を考える場合には、自分の一生の間にかかる住居費(住むことに必要な費用)を、「自分にとっての住まいのライフサイクルコスト」として考えるとよいでしょう。
 この中には、光熱費など、住宅に関わる全ての費用を合計したものも含んで考えてみましょう。
 ライフサイクルコストという考え方を知っていれば、これまでよりも幅広く将来を見据えた判断ができるようになります。

ライフサイクルコストのわかりやすい例(数字は全てイメージ)

例えば、50歳の人が同じようなプラン・規模・立地の2つの住宅のいずれかを購入しようと考えているとしましょう。

  • 〇〇不動産の住宅は3000万円
  • ■■ハウスの住宅は3500万円

両方の住宅に対して甲乙つけがたいほど、同じ価値を見出せるとすれば、「〇〇不動産の住宅の方が500万円得である」と判断できます。

グラフ

次に、この人が80歳までの30年間、この住宅に住み続けたとします。30年間の長い時間の中で、一見同じ価値をもつように見えた両方の住宅に違いが出ました。■■ハウスの住宅は、とても強くて耐久性のある材料を色々な箇所に使用していたために、修繕があまり必要ではなく、修繕費が少額だったとしましょう。

  • 〇〇不動産の住宅は30年間に1200万円
  • ■■ハウスの住宅は30年間に500万円
グラフ

台風で壊れた部分を修理したり、何度も外壁を塗りなおしたりしている内に、30年間という単位で見れば、当初はお得と思われた〇〇不動産の住宅は、実は200万円も費用がかさみます。

もちろん、購入する50歳の時に、例えば3000万円の現金を所有していて、〇〇不動産の住宅であれば、全く借金をしないで購入できる、あるいは長い時間の中での経済状況や紙幣価値の変化など、実際にはこのような単純な話にはならないのですが、ライフサイクルコストの考え方(※2)はこのようなものです。

※2
ライフサイクルコストの考え方は、商業施設などの建物の費用を考える時に、重視されてきたものです。実際にこのような商業施設ビルなどでは、これまでの様々な研究によれば、建物の生涯に必要な費用のうち、初期費用(イニシャルコスト)と言われる建築コストは、わずか20%以下と言われています。

住宅の価値

イラストライフサイクルコストの考え方を理解していると、住宅の価値は長い期間を通して考えることが大切だということに気がつきます。見た目の美しさだけでなく、そのものの耐久性、省エネ性能(光熱費が安いこと)や、耐震性(地震が起きても損傷しないこと)など、目に見えにくい本質的な性能のよさが、大きな価値をもっていることに気がつくことができるのです。

住まいの書籍

商品のご案内

出版物の補足等

カートの中を見る

「住まいの管理手帳」フォローアップコーナー

当協会のホームページでは、プライバシー保護のためにSSLによる暗号化通信を実現しています。