住まいの書籍 ● 「住まいの管理手帳」フォローアップコーナー

ウッドデッキのお手入れ 

戸建住宅で用いられていることの多いウッドデッキは屋外にあることからお手入れを忘れがちです。
放っておくと木の劣化が進みますので定期的にお手入れをしましょう。

ウッドデッキの劣化

1.雨の日は、水分を含んで膨張します。 2.晴れた日は、乾燥して縮みます。

このような過酷な状況により木にひび割れが入り、中から腐ってくることにつながります。

※腐食防止のため、防腐剤などの薬剤を加圧注入しているものもあります。

ウッドデッキの日頃のお手入れ

  • 1.砂ぼこりはこまめに取ります。板と板の間に詰まった砂ぼこりも先の細いものを使って取り除きます。
    ※砂ぼこりを放置しておくと木材の乾燥を進めることになり、ほこりの中の腐朽菌が木を腐らせる場合があります。
  • 2.季節ごとにデッキブラシ等で軽くこすり、水を流します。
    汚れがひどい場合は、中性洗剤で洗うとよいでしょう。
  • 3.ジメジメした部分にコケのようなものが生えてきた時は、デッキブラシでこすれば落ちます。

ウッドデッキの「保護塗装」

木の品質を守るためには、木の表面に「木材保護塗装」が大切です。

ウッドデッキの使い方

1.植木鉢やプランターを置いてガーデニングを楽しむことがあります。同じ場所に置いていると、底面の部分に通風がなく、湿気をおびて、汚れたりし、腐食するおそれがあります。
定期的に位置を移動するだけでなく、何かの台にのせ、底面の通気性を確保しましょう。

2.木材のひび、反りなどの木の形状の変化により、釘やネジなどが浮いてくることがあります。
浮いてきた釘やネジは危険ですので、見つけた場合はすぐに頭を金槌や木槌で打っておきましょう。

住まいの書籍

商品のご案内

出版物の補足等

カートの中を見る

「住まいの管理手帳」フォローアップコーナー

当協会のホームページでは、プライバシー保護のためにSSLによる暗号化通信を実現しています。