住まいの書籍 ● 「住まいの管理手帳」フォローアップコーナー

フローリング 〜長持ちさせる使い方〜

現在、洋室の床材として最も一般的なものは、木質系の床材(フローリング)でしょう。高級感を求める志向の高まりや、アレルギー対策などの健康面の配慮(繊維中にダニが生息し易いカーペットを避ける風潮など)、木目が醸しだすやすらぎ効果への期待などにより、最近では戸建て・集合住宅のいずれにおいても、木質系の床材が主流です。

フローリングを知る

無垢材ブーム?

木質系の床材を一般に総称してフローリングと言います。フローリング製品は、日本農林規格(JAS)で規定されています。フローリングの種類は大きく2つに分かれます。

  • 単層フローリング
    【単層フローリング】
    無垢(むく)材(天然の木材)の一枚もの。
  • 複合フローリング
    【複合フローリング】
    合板等の板材を重ね、表面だけに薄い天然材(銘木)の
    単板を貼って仕上げた複層のもの。
 

最近は、自然の素材をそのまま使用する風潮も強くなっていますので、の無垢材のフローリングの人気が高まっています。
 フローリング材の木の種類は様々です。以前は、柔らかいためキズがつき易いとして、敬遠されていたスギやヒノキを用いたものも、今は一般的です。特にスギは国内に豊富な森林を有していますので、国産材活用に大きく貢献できるという社会的な意義もあります。

フローリングの材種など 特 徴
国産材 ナラ・ブナ・オーク 比較的硬くキズがつきにくい
輸入材 チーク・カリン
国産材 スギ・ヒノキ 柔らかいためキズがつき易いが、足ざわりが心地よい
イラスト

長持ちさせるための使い方

水気・乾燥

「木は呼吸する素材である」、「木には自己調湿作用がある」ということを聞いたことがありますか?木材は、水分を吸収・放出する機能があり、自らが含む水分量の調整により、室内の湿度を調整することができます。しかし、この時に水分の吸収・放出に伴う伸縮性があるので、あまりにも激しい乾湿の繰り返しなどがあると、フローリングに反りやすき間などが生じるおそれがあります。

フローリングを使用する際には水気と乾燥に十分に注意しましょう。

木が乾燥して小さなひび割れが入ったり、歩くと多少のきしみが出るのは当たり前のことです。微細なひびわれを見つけても、機能的には問題がないので安心して使用していればよいでしょう。

注意すること
電気カーペット
温風ヒーター
  • ・長時間直接暖めないようにする。
  • ・熱が直接フローリングに加わらないよう、間にマットを敷くなどの配慮をする。
イラスト
エアコン(暖房)
  • ・長時間連続使用すると、乾燥し過ぎるので時々スイッチを切る。
  • ・加湿器などで適当な湿気を補うように注意する。
イラスト
直射日光
  • ・窓際などの直射日光の当たる場所には、カーテンやブラインドなどで光をさえぎるようにする。
イラスト
水分
(長時間の濡れ)
  • ・水がこぼれた時にはすぐに拭き取る。
  • ・植木鉢は直に置かず、必ず水受け用の皿などを敷く。
  • ・キッチンや洗面所など、直接水がかかる部分には、マットなどを敷く。
  • ・窓や縁側は開けっ放しにして雨などが吹き込まないよう注意する。
  • ・結露の生じ易い窓側などでは水滴に注意する。
イラスト

表面のキズ

どんなに硬いと言われている木でも、木は素材としては柔らかいものです。日常生活の簡単なことで表面にキズが付いてしまいますので、小さな心づかいで、なるべくキズをつけずに長い間きれいに使用することを心がけましょう。

注意すること
椅子、テーブルなど 家具の脚部が床と接する面にはフェルトや柔らかいゴムキャップなどをつけて、直接こすらないようにする
椅子などを引くとき キャスター付きの椅子や家具などが通る箇所には、予め置敷のカーペットなどを敷いて(しっかり固定して)キズを阻止する。

表面の凹み

木は重いものを上に置くことにより、凹んでしまうおそれがあります。重いものを置く時には、重さが1点に集中しないように注意します。重量を分散させるために脚部が床に当る位置には、少し大きな板や、専用のインシュレーターを必ず置いてください。
 なお、ピアノや書棚などは特に重量がかさむので、そもそもの床組みが重さに耐えられるかどうかを検討しておく必要があります。工務店や設置を担当する施工店などに事前に相談しましょう。

床暖房のシステムとフローリング

方式

床暖房のシステムは、まず大きく電気式(電気により床を暖めるもの)と温水式(給湯器で温めた温水により床を暖めるもの)に分けられます。温水式には、ガス温水式と電気温水式があります。

電気式:
発熱体を内蔵したパネルやシート自身を発熱させ、その熱を床に伝える方式
温水式:
ガスや電気給湯器で沸かした温水(不凍液)を床下のパイプに循環させ、熱伝導板より熱を床に伝える方式

「温水式」床暖房のシステムでは、床下のパイプ配管と熱伝導板が大切です。熱伝導板には、鉄板、銅板、アルミ板等のさまざまなものがあります。

日常生活上の注意点

床暖房使用時にはフローリングが乾燥して縮むため、フローリングの継ぎ目部分にわずかなすき間が生じることがあります。
 しかし、床暖房を使用しなくなると徐々にすき間は小さくなってゆきます。
 また、床暖房部分とその周辺部分で、上を歩いた時の感覚が少し違う場合がありますが、これは故障などではなく、床暖房のシステムを床下に設置しているための、やむを得ない現象です。

注意すること
床面から釘などを打ち込まないこと
床暖房パネルの破損・水漏れ・火災の原因となるおそれがある。
重い家具などは置かないこと
家具の一部が熱により歪むおそれがある。
重さで暖房設備を破壊するおそれがある。
ピアノなどの精密機械を置かないこと
調律が狂うことがある。
暖房中、床面に長時間接しないこと
低温やけどが発生するおそれがある。
特に、高齢者や肢体の不自由な方は、周囲の方が十分注意してあげましょう。
暖房した床面にカーペットなどを敷かないこと
熱がこもって床面が傷むことがある。
暖房した床の上に、直接洗濯物を並べて衣類を乾燥させないこと
住まいの書籍

商品のご案内

出版物の補足等

カートの中を見る

「住まいの管理手帳」フォローアップコーナー

当協会のホームページでは、プライバシー保護のためにSSLによる暗号化通信を実現しています。