住まいの書籍 ● 「住まいの管理手帳」フォローアップコーナー

浴室に関するあれこれ 〜カビのない浴室・浴室乾燥システム・給湯器〜

イラスト

カビのない清潔な浴室のために

浴室は、常に水気を帯びている場所なので、一番気になるのが「カビ」の問題です。
  カビを防止するには、早く乾燥させることと、皮脂等のカビの好む栄養分を室内に残さないことです。そのためのひと手間が大切です。

 

入浴後のひと手間

1.熱いお湯をかける
イラスト
2.水滴をざっと拭き取る
イラスト
3.換気扇を回す
イラスト
1. 入浴後、浴室から出る直前に、自分にかかってやけどをしないように注意しながら、シャワーを利用して、できるだけ熱いお湯を浴室内全体にかけます。
 特に、身体を洗い流した時に流れ出る皮脂がかかっていそうな場所には満遍なく、さらに皮脂を洗い落とすことができるよう、お湯の勢いを強くしながらかけます。また、部屋の隅や風通しの悪そうな場所にも、漏れな く高温のお湯がかかるようにします。
 高温のお湯をかけることで、カビの大好物の皮脂も流れ落ち、さらにカビ菌そのものも弱りますので、非常に効果的です。
 この時に天井などに設置している浴室乾燥システムなどに直接お湯がかからないように十分に注意します。
2. 高温シャワーをかけた部分の水滴をタオルでざっと拭き取ります。身体を拭いた後のバスタオルを利用するなど、自分でルールを決めてしまえば、面倒なことではなくなります。
 何よりも、毎回タオルで拭いていると、水垢も付きませんので、いつでもピカピカな浴室を保つことが出来、まさに一石二鳥です。
 浴室内の鏡は、水滴の中に含有されているカルシウム成分が鏡に付着し、時間の経過によって白い曇ったシミとなってしまいがちですが、毎回鏡をタオルで拭いておけば、いつまでもピカピカの鏡を保つことが出来ます。
 どうしても面倒な時には、少なくとも乾きにくい部分だけはしっかり水滴を拭いておきましょう。
 それも面倒な場合には、せめて冷たい水のシャワーを同様にかけて、浴室内の温度を冷やして水蒸気を減らしましょう。
3. 時間を決めて換気扇を回します。一晩中換気扇をつけておくように書いてある本もありますが、節約のために、完全に浴室が乾燥する時間を何回かのトライアルで見つけ、その時間に換気扇のタイマーをセットすれば効率がよいでしょう。
 最初の30分は、室内に湿気が入ってこないようにドアを密閉して換気扇を回し、その後は換気効率を上げるために、ドアを少し開けるもしくはドア下についているルーバーを開けなどの通気を良くする工夫をしてみましょう。

給湯器の思わぬ故障

給湯器の思わぬ故障

住まいの書籍

商品のご案内

出版物の補足等

カートの中を見る

「住まいの管理手帳」フォローアップコーナー

当協会のホームページでは、プライバシー保護のためにSSLによる暗号化通信を実現しています。