住まいの書籍 ● 「住まいの管理手帳」フォローアップコーナー

伝統的な日本家屋を見直す 

現代は、「人に優しい」という言葉に代表されるように、人の健康の保持、穏やかで快適な時間の確保などが重視される時代になっています。
高性能なエアコン、断熱性の高い建物など、様々な技術開発、技術革新が進み、私達の快適な生活は守られています。
しかし、人に優しいだけでなく、地球環境にも優しいことが求められる時代です。
住まいにおいては、今のように様々な住宅技術が確立されていなかった頃の、自然と共存するような生活振り返ってみることも必要かもしれません
かつて日本人が暮らしていた民家などの様々な生活の知恵が「ロハス住宅」などの新しい言葉と共に、あらためて脚光を浴びています

ロハス=Lifestyles Of Health And Sustainability の頭文字です。すなわち「健康的で持続性のあるライフスタイル」となり、暮らす人の心や体の健康、環境との共生などを考えながら住まうライフスタイルと理解されます。

伝統的な日本家屋に使われている材料

古来から日本家屋は地場の材料土、木、紙、竹など)を活用して地元の職人がつくるということが基本でした。
かつての日本の住まいは、例えば通気性があり常に外の風が吹き込んでいたように、今よりも、自然を住まいの中に取り込み、自然と共存しながら、自然の力を借りながら、快適な生活を目指そうとしていたのです。
そのヒントを使われていた材料から見てみましょう

【土壁】

今では住まいの壁クロス張りなどが主流ですが、かつては土壁などが多く用いられていました。

詳細については、こちらから

【畳】

かつて、日本人の住まいには畳が必ず用いられていました。
和室で畳の上に座る生活は、玄関で靴を脱いで生活する日本人にとっては、何よりの癒し、安らぎにつながるものとして、当たり前に思われてきたものです。
しかし、最近のマンションや戸建住宅においても和室を設けないケースもあります。
床暖房、無垢のフローリングなど、板張りの床材の存在が畳に近づいてきたという事実はあるにせよ、日本人ならではの畳のよさをもう一度見直してみてもよいのではないでしょうか。

詳細については、こちらから

伝統的な日本家屋の効能など

かつて、日本では住宅の数を必要とする気運が強く、住宅を効率的に量産できるハウスメーカーが中心となり規格化した住宅を提供しながら、日本の住宅供給を引っ張ってきました。
しかし、今の時代は、それぞれがどのような住まいを求めるのか、目的意識をはっきりと持って、こだわりを持って住まいを追求する時代になりました。
それぞれの人にとっての快適さを定義して、その求める快適さの中から、地域に根差した伝統的な日本家屋の要素を取り入れた住まいも選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。
日本家屋の伝統最新の技術の双方をうまく融合させて、新しい住まいの形を提案することも住まいの可能性を広げる一つの道でしょう。

◆“ひさし”の効能

ひさし(軒先)の長さが日本家屋の一つの特徴です。
ひさしが長く出ることにより、夏の高い太陽からの直射日光を遮ることができ、一方で冬の低くて長い太陽の日射しはしっかりと取り込むことができます。
また梅雨や台風など、雨に見舞われる季節も、ひさしがあることにより、窓を開けることができ、またサッシや外壁の損傷を防ぎます
このようなひさし(軒先)なども、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

イラスト

 

◆“土間”の効能

日本家屋の特徴として大きな土間の存在があります。
玄関を広くすることで、近所の方などの訪問者が、家に上がるまではいかなくても靴をぬがず簡易な応接ができます。
家の中でも外でもない曖昧な位置づけの土間の存在は、かつては一つの隣近所の社交の場でした。
隣近所との交流を深めようと考えた住まいでは、広い土間を復活させるのも一つの有効な手段になるでしょう。

◆“家相”のこと

伝統的な日本家屋では、「家相」もかなり気にされてきました。
迷信のようなものを盲信するのはあまりのぞましくないのですが、家相の教えの中には、日本の特有の気候や風土を受け入れて上手に生活するための家の基礎的なルールとも考えられますので、参考にして住まいを考えてみるとよいでしょう。
家相によって間取りや方位を決めていくと、自然に陽当たり・風通しの良い家となるはずです。

イラスト

住まいの書籍

商品のご案内

出版物の補足等

カートの中を見る

「住まいの管理手帳」フォローアップコーナー

当協会のホームページでは、プライバシー保護のためにSSLによる暗号化通信を実現しています。