住まいの書籍 ● 「住まいの管理手帳」フォローアップコーナー

戸建住宅の地震対策 (窓ガラス編)

わが国では、建物の地震に対する安全性の要求は厳しく、壊滅的な倒壊などのおそれはないと考えてよいでしょう。
しかし、建物が壊滅的な被害を免れたとしても、巨大地震の被害にあえば窓や壁などは弱い部分から、部分的に壊れることが想定されます。
「住まいの管理手帳」の中では 家具の配置、固定などについての地震対策を紹介していますがここではそれ以外の暮らしの中の一工夫を紹介してみましょう。 まずは【窓ガラス】から。

地震と窓ガラス

地震が発生して大きな揺れ、うねりを受けた時に、窓枠にひずみが生じて、その枠の変形にガラスが追随できなくなり、ガラスが割れてしまうのです。

地震による窓ガラスの危険

地震の中で混乱している時
ヽ笋譴ガラスがささる
破片を踏んでケガをする。
片付けの時に手を切るなどの2次的な危険が生じます。

ガラスが落ちた場合、下を通っている人に危害を加える場合があります。

玄関から避難できないため、やむを得ず窓から避難する場合、
ガラスが割れていると、窓からの脱出が非常に困難になります。

地震に強いガラス


(1)フロートガラス(普通のガラス)
(2)網入りガラス
(3)強化ガラス
(4)合わせガラス
   【網入りガラス】などについては、こちらから

地震の時、危ない窓を探す

(1)開かない窓
(2)コーナーの窓

詳しくは、こちらから

住まいの窓を地震に強くする

(1)窓ガラスフィルムを貼る
(2)必ず、カーテンをする

詳しくは、こちらから


住まいの書籍

商品のご案内

出版物の補足等

カートの中を見る

「住まいの管理手帳」フォローアップコーナー

当協会のホームページでは、プライバシー保護のためにSSLによる暗号化通信を実現しています。