住まいの書籍 ● 「住まいの管理手帳」フォローアップコーナー

住宅用火災警報器 〜自己責任で火災から命を守る〜

イラスト

就寝中の火災の怖さ

★死者の約6割は逃げ遅れ!

“逃げ遅れ”の要因は、火災の発生気がつかない!
(総務省消防庁HP)

 

全ての住宅に火災警報器の設置が義務化

●新築住宅・・・・・
2006年6月1日から全ての住宅に義務化
●既存住宅・・・・・
2008年6月1日から2011年6月1日の間で市町村条例によって定められた日から全ての住宅に設置義務化(設置義務化開始年別マップ参照)
(総務省消防庁HP)
 

住宅用火災警報器とは?

煙  式 熱  式 複合型
イラスト イラスト イラスト イラスト
(天井取り付けタイプ) (壁取り付けタイプ) (天井取り付けタイプ) (壁取り付けタイプ)

住宅用火災警報器とは、センサー(感知器)を用いて火災による煙(煙式)又は熱(熱式)を感知して、自動的に火災の発生を検出し、警報音又は音声で建物の中にいる人々に危険を知らせるものです。

■煙  式 火災を早く発見するために有効です。
■熱 式 キッチン等では、火災以外の調理時の煙を感知してしまうおそれがありますので、熱式の方が向いています。
■複合型 火災のみでなく、ガス漏れ等を感知するものです。熱式と組合せてあり、キッチンに有効です。
 

取り付けるのは誰?どこで購入するの?どんな警報器を買うの?

イラスト

市や消防署を装った悪質な訪問販売被害が発生しているようです。
市や消防署が直接販売することはありません。ご注意してください。

 
イラスト

どの部屋に取り付けるのかな?どの位置に取り付けるのかな?

イラスト内の赤い丸(火災警報器)に触れますと、取付け位置の注意点がご覧になれます。
 なお、住宅用火災警報器には、壁掛け型・天井取付け型があります。

出典=総務省消防庁HP

これで安心だね!
住まいの書籍

商品のご案内

出版物の補足等

カートの中を見る

「住まいの管理手帳」フォローアップコーナー

当協会のホームページでは、プライバシー保護のためにSSLによる暗号化通信を実現しています。