住まいの書籍 ● 「住まいの管理手帳」フォローアップコーナー

「長期優良住宅」って何かな? 〜住まいを大切に長く使うこと〜

長期優良住宅法

2009年6月4日に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律(通称「長期優良住宅法」)」が施行されました。
 2006年に施行された住生活基本法で提唱していた「住まいの質に着目して、住まいをしっかり維持管理して、質の良い住宅を長く大切に、繰り返し使い続ける時代にしましょう」という考え方を具体化した法律です。

長期優良住宅って?

長期優良住宅法では、耐久性や耐震性に優れ、改修も容易な住宅の実現を目指しています。この法律に基づいて、都道府県の知事等から認定された住宅を(通称)「長期優良住宅」といいます。
 長期優良住宅では、建設時のみならずその後の維持管理(住まいの点検やメンテナンス)を重視し、修繕計画をつくり、柱や梁などの構造躯体と言われる部分では少なくとも10年ごとに点検・補修を行い、それを履歴として記録に残しておくこと 【住まいの履歴書等をつくること】を認定基準としています。住宅供給者は、点検時期が来たことを消費者にお知らせすることが必要です。

税金の優遇!

長期優良住宅は、税金の優遇を受けることができます。2013年12月31日までに住宅ローンを使って長期優良住宅を購入・入居した場合、所得税から年間60万円、10年間で最大600万円(一般の住宅は年間50万円、最大500万円)の控除を受けることができます。
 また、長期優良住宅だけの特例として、2011年12月31日までに住宅ローン減税制度を活用しないで購入・入居した場合でも最大100万円の所得税額の控除があります。
 これ以外にも住宅取得時の固定資産税が一般の住宅よりも2年間長く1/2の減税措置を受けられます。登録免許税、不動産取得税についても一般の住宅に比べて優遇されます。(以下、参照)

1.住宅ローン減税

一 般 の 住 宅
居住年 控 除 対 象
借入限度額
控除期間 控除率 最大控除額
平成21年 5,000万円 10年間 1.0% 500万円
平成22年 5,000万円 500万円
平成23年 4,000万円 400万円
平成24年 3,000万円 300万円
平成25年 2,000万円 200万円
長 期 優 良 住 宅
居住年 控 除 対 象
借入限度額
控除期間 控除率 最大控除額
平成21年 5,000万円 10年間 1.2% 600万円
平成22年 5,000万円 600万円
平成23年 5,000万円 600万円
平成24年 4,000万円 1.0% 400万円
平成25年 3,000万円 300万円

2.長期優良住宅の新築、購入を行った場合(ローンを使わない場合でも適用)

  • ※住宅性能の強化に必要な費用(1,000万円まで)の10%を所得税から控除
  • ※最大控除額   100万円(控除しきれない場合は、翌年度の所得税額から控除)
  • ※適用期限   長期優良住宅法の施行日(平成21年6月4日)から平成23年12月31日まで
     ★上記1の住宅ローン減税とは選択制です。

3.登録免許税等

区     分 一般の住宅 長期優良住宅
登録免許税
の税率
所有権保存登記 1.5/1000 1/1000
所有権移転登記 3/1000 1/1000
不動産取得税の課税標準控除額 1,200万円 1,300万円
固定資産税 戸 建 て 3年間 1/2 5年間 1/2
マンション 5年間 1/2 7年間 1/2

詳しくは国土交通省HP

 
住まいの書籍

商品のご案内

出版物の補足等

カートの中を見る

「住まいの管理手帳」フォローアップコーナー

当協会のホームページでは、プライバシー保護のためにSSLによる暗号化通信を実現しています。